人気ブログランキング |

こちらにもアップしておく

駐インドネシア公使だった高須幸雄・国連事務次長が1993年8月、旧日本軍の慰安婦らの苦難を記録するインドネシア人作家の著作が発行されれば、両国関係に影響が出るとの懸念をインドネシア側に伝えていた。朝日新聞が情報公開で入手した外交文書などで分かった。

日本政府が当時、韓国で沸騰した慰安婦問題が東南アジアへ広がるのを防ぐ外交を進めたことが明らかになったが、高須氏の動きは文学作品発禁を促すものとみられ、当時のスハルト独裁政権の言論弾圧に加担したとも受け取られかねない。

当時の藤田公郎大使から羽田孜外相あての93年8月23日付極秘公電によると、高須氏は8月20日にインドネシア側関係者と懇談し、作家の活動を紹介する記事が7月26日付毎日新聞に掲載されたと伝えた。

この記事は、ノーベル賞候補だった作家のプラムディア・アナンタ・トゥール氏が、ジャワ島から1400キロ離れた島に戦時中に多数の少女が慰安婦として連れて行かれたと知り、取材を重ねて数百ページにまとめたと報じた。公電で作家とインドネシア側関係者の名前は黒塗りされているが、作家は同氏とみられる。

公電によると、高須氏は「かかる資料が『イ』(インドネシア)で発行された場合に日・『イ』関係に与える反響を懸念している」と述べた。これに対し、インドネシア側は「従軍慰安婦問題がきっかけとなり良好な日・『イ』関係が損なわれることのないよう、注意して取り扱われるべきである」と応じ、著書名がわかったら教えてほしいと要請。当局がこの作家の言動を監視し、過去の著作を発禁にしたこともあると伝えた。

慰安婦問題の著作も発禁の方向で対応する考えを示唆したとみられる。

この著作はスハルト政権崩壊後の2001年になってようやく出版された。04年には日本でも「日本軍に棄てられた少女たち」として発行された。プラムディア氏は06年に亡くなった。

高須氏は取材に「記憶は全くない」としたうえで、公電を見た感想として「懇談の際に私が自分の気持ちを述べたのに対して相手がそう反応したのであって、圧力をかけたというのには当たらない」と回答した。
【2013.10.14 朝日新聞『慰安婦記録 出版に「懸念」』から引用】


従軍慰安婦ナンタラ以前に悲しい話であるけれど、戦場ではこの様な事がつきもの。旧日本軍だけの事ではないのだ。それを「従軍慰安婦」と一括りにしてしまうところに、当時の駐インドネシア公使、即ち日本政府が懸念したのだと思う。

ともかく、所謂「従軍慰安婦」なるモノが出て来た経緯を知っていれば、アサヒのこの様な記事が「プロパガンダ記事」または「捏造報道の誤魔化し記事」「嘘を嘘で固めた記事」であるかは分かる筈。


【1991年、いわゆる従軍慰安婦問題を初めて報道したが、事実に反する捏造であったと指摘されている。】
http://ja.wikipedia.org/wiki/植村隆

b0302839_13565263.jpg

by urano-sakura | 2013-10-14 13:59 | 政治
←menuへ