8%失敗なら先はない???

消費増税、8%失敗なら先はない 甘利再生相

 甘利明経済再生担当相は29日の民放テレビ番組で、2014年4月に予定する消費税率の8%への引き上げに失敗したら「そこから先はない」と述べ、増税で景気が悪化したら、15年10月の10%への引き上げは難しくなるとの認識を示した。

 甘利氏は、安倍晋三首相が「失敗したら15年先まで消費税に触れなくなると危機感を持っている」と説明。10月1日に予定する安倍首相の増税表明は「おそらく法律通りに(8%に)引き上げてリスクをカバーできるだけの対策を取るのがベストじゃないかとお考えになる」と語った。

 「国家戦略特区」は「年明け早々には地域指定ができるように取り組む」と述べた。

2013/09/29 12:09 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092901001371.html


この「民放テレビ番組」ちゃ、フジの「報道2001」だすな。


しかし凄いです。

なにが凄いかって?甘利大臣も「消費税増税をすればデフレから脱却でいない」と言う事を理解しているのでしょうね。だから【2014年4月に予定する消費税率の8%への引き上げに失敗したら「そこから先はない」と述べ、増税で景気が悪化したら、15年10月の10%への引き上げは難しくなるとの認識を示した。】と言う事を述べているのでしょうね。

b0302839_15332399.jpg話が変わりますけどね、全国区の大手スーパーって、自社の「流通センター」と言うのを持っていましてね。そこにスーパーと取引がある業者は納品するんですね。それでも間に合わない場合、まあ「特売品」とか「店舗独自の販売企画」と成りますと、店舗に直納なんてこともあります。私もそんな納品業者と言いますか、メーカーや問屋さんに依頼されて荷物を納めた事があります。

大手のスーパーに納品される商品って、スーパーの流通センターだろうが、店舗直納だろうが、問屋さんを先ず通しません。すべてメーカーからの直納です。その方が「安い」からです。特殊な商品は別ですよ。色々な事情があって、問屋さんとか流通の中間業者さんを通さないとダメな商品ってありますのでね。しかし大概の商品は、問屋さんなんかを通しません。

昔はね、メーカー工場から「問屋へ」と言うのが多かったのですよ。日持ちがする食品とか清涼飲料水とか・・・生鮮食品は市場(生鮮市場)を通して、とかね。それが、メーカーからの直納、生鮮食品になると「生産者からの直納」と言うことがいまじゃ当たり前になってしまったのですね。

農産品なんかはチョット昔ならば、「新自由主義者」「規制緩和・構造改革主義者」から「絶対悪」と言われる「生産者協同組合」を作らないと、直納だって中々出来なかったのですけど・・・「日通」とか「ヤマト」「佐川」あたりが、小口でも時間指定配送します、冷蔵配達します、というサービスなんてやっていますから、組合を作らなくとも、通さずとも出来る様になってしまいましたがね。そして「生産者組合イヤだ」と言うのならば、「生産者企業」にすれば大口のお客様として、大手の運送業者ならば即対応してくれますよ。いま農業は、企業の参入が出来ますからね。

いま現在「農業行政の改革だ」なんてマヌケなことを言う方がいますけど、随分前から農業に企業は参入出来るのですよ。所謂「農協(JA)」じゃない形の「農業協同組合(生産者協同組合)」だって、随分前から作る事が出来ましてね、実際行っている生産者の方もいますよ。「農業・農協は構造改革の敵だ」なんて言うのは、お門違い。いやマスゴミからの情報を妄信し、かつマスゴミ情報の受け売りで「農業・農協は構造改革の敵だ」なんて言うのは、「物事を知らぬバカ」ですよ。

ちなみに、東京築地市場っちゃ、別格なんですよ。ありゃ「築地市場」そのものが「ブランド」に成ってしまいましたし、東京だからですよ。だから「猫も杓子も」的に、全国区の大手スーパーや東京の大手デパートも「築地、築地」と言うわけで、地方はそうはいきませんよ。まあ逆に「築地を通した」と言う事で、地方に流れる場合もありますけど・・・そんな事は、本当に稀だす。

しかしね、流通も同じですけど、物流も大手ばかりに仕切られちゃ、中小の運送業は堪った者じゃなりません。荷物があっても、大手の様に対応出来ないのですよ。しかも運賃がクソ安い。あの消費税が5%に成ってから今日まで、本当に厳しい運賃です。

運賃がクソ安いと言うことはね、安全面にかけるコストが少なくなるんですよ。即ち「社会が危険に晒される」と言う事でもあるんですよ。当然、現場の質・士気も落ちる。
by urano-sakura | 2013-09-29 15:43 | 政治
←menuへ