人気ブログランキング |

怖いのは放射能じゃない、放射脳

エ〜ッと、先ずはですね次のリンク先をご覧頂きたいのですが・・・


http://togetter.com/li/564417

如何だったでしょう?

でね、


実際は、かなりの数の調査によって、発がんリスクが高まることが統計的に認知できるのは、被ばく量が100ミリシーベルに達した当たりからだと考えられている。これは、日本が震災直後に設定していた地元住民の退避基準の5倍だ。しかも、多くの退避区域の実質的被ばくリスクはその基準をはるかに下回り、自然発生のバックグラウンド放射線をわずかに上回る程度だった。

 驚くべきことに、原発事故を受けて、日本は食品からの被ばくに対する許容線量を半分の水準にまで引き下げた。放射線リスクの誇張に否定的な見解を広く訴えている英オックスフォード大学のウェード・アリソン教授(物理学)の推定によれば、その程度のわずかな放射線を含む食品を1トン食べても、CT(コンピューター断層撮影)スキャンを1度受けた程度の被ばく線量にしかならない。また、たとえ事故直後に福島第1原発から直接流れ出た汚染地下水を12ガロン(約45リットル)飲んだとしても、同じだという。

 残念ながら、日本はその過剰な警戒をすぐに解きそうにはない。安倍晋三首相は、事故後に稼働停止された国内54基の原発の一部の運転を静かに再開し始めている。首相が何としても避けたいのは、放射線リスクに甘いそぶりを政府が少しでもみせることで、世論に火をつけることだ。

 東京が今週、2020年五輪の開催地に決定したことで、大げさなまでに除染を優先させる方針にさらに拍車がかかることになるだろう。来日したアスリートをがんのリスクにさらそうとしていると非難されるわけにはいかないからだ。

 日本が放射線に過剰なまでに敏感になる背景にはおおむね広島と長崎がある。しかし、もっと大きな原因はLNT仮説(直線しきい値なし仮説)を支持し、1950年代に大気核実験に異議を唱(とな)えた善意の活動家にあるかもしれない。LNT仮説とは、放射線はどんなに微量であっても健康に害があるとする考え方だ。

 遅ればせながら、そうした問題に関する権威機関の1つ、原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)は、かつて擁護していた疑義あるリスク計算式を撤回しようと先頭に立って動いている。UNSCEARは昨年、恐らく地球温暖化への対抗策として原子力エネルギーを救出しようとの目的から、「低線量を大勢の人数で掛け合わせて、放射線で誘発された健康への影響を受けた人数を推計すること」は推奨しないとの見解を明らかにした。

 反原発活動家にとってさらに悩ましいのが、中には最大600ミリシーベルトの被ばくをした人もいる福島第1原発の作業員にさえ、放射線を原因とする疾病が見受けられず、今後発症する見込みもないとUNSCEARが断定したことだ。しかし、その結果、国連には非難が殺到した。

《【オピニオン】福島第1原発への理性的な対応妨げる放射線恐怖症》より抜粋引用。
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323410304579070472363568220.html?mod=wsj_share_tweet


・・・・と言う事もありましてね。

「核種」は置いて起きますね。皆さん「バナナ」を食べますかね?一度くらいは口にした事があるでしょ?

バナナはね、天然の放射性物質の塊なんですよ。バナナを食べれば間違いなく「内部被曝」します。しかし、バナナを食べたからと言って、バナナに内包されている放射性物質で死んだ、なんて話を私は寡聞にして知りません。知っている方がいたら、教えて下さい。

そしてね、天然由来だろうが、人工由来だろうが、放射線に違いはありません。放射線は放射線であって、放射線を浴びれば細胞は破壊されます。当然、屋外に出て太陽光(宇宙線・紫外線)を浴びても同じで、細胞が破壊されます。しかし、誰も太陽光(宇宙線・紫外線)はとても危険だから浴びては成らない、なんて言う人はいませんね。逆に、太陽光を浴びる事は「ビタミンD」を体内で作る上に有効だから、最低このくらいの時間は日中屋外で活動しましょう。なんて話もあります。もう少し言えば、宇宙飛行士が良い例ですね。彼らは宇宙空間で、それこそドンデモない量の宇宙線(放射線)を浴びていますけど、宇宙空間滞在中に「宇宙線(放射線)」が原因で死んだ、なんて事がありませんからね。


結局、次の様な事なんですよ。

【パラケルススの言葉】

《Alle Ding' sind Gift und nichts ohn' Gift; allein die Dosis macht, das ein Ding kein Gift ist.》
直訳:全ての物は毒であり、毒なしにはなにもない。分量のみが、それを毒でない物とする。

ところがね、放射脳といいますか、朝鮮脳といいますか、まあバカですね、バカな方々はこの様な事が理解出来ないのですね。だから「放射脳」「朝鮮脳」と揶揄される所以なんですがね。

最後にね、こんなコメントを引用して起きます。

Commented by kazk さん
これ、福島の汚染水問題が原因でしょう。

小生あの問題の意味がわかりませんでした。一応冷却水自体は除染して処理した水を貯めてるという状況だったはずです。それで1800mSvって一体何よ?と思ったものです。聞くと放射線はβ線、核種はトリチウムだと言うでしょう。

あの基地外規制委員会が薄めて海に放出しろと言ってるので何で?と思いましたが無理もない。γ線核種がないんだったらもうそれで終わりです。トリチウムは本体が水素そのものですから、体内に蓄積しないし、基本最終処理の仕様がありません。β線ならば金属板一枚で遮蔽が出来ますから慌てる必要もなし。

何よりもトリチウムの汚染水は何処の原発でも平気で流してるはずです。1基で年間100兆ベクレルといいますが。まあ福島もそんなものらしい。何よりお笑いなのは地球上のトリチウム汚染は50年くらい前に比べれば1/100に減ってるんです。大気中核実験をやめたから半減期12年のトリチウムがそれだけ減ったということ、これはチェルノでも問題にしてなかったはずです。

こういうことはほとんど報道されない、マスゴミ諸氏の科学というものに対するスタンスは一体何なんでしょうか。ほとんど呆れて言葉になりません。

事態はコントロールされてる、じゃない、する必要がないんですよ。鞭というのは本当に罪です。

Commented by kazk さん
しまった、まだ目がおかしいな。鞭→無知です。
まあ、知っててやってるんだとすれば犯罪ですがおそらくは無知でしょう。問題が広がってから放射線はβ線だとか、実効線量ではなく放射能量であるベクレルで表そうとかいうことになりましたっけ。

もう馬鹿としか言いようがない。こんなもんさっさと薄めて処理で終わりです。こういう主張をするマスゴミも人も殆どいない。みんなが怖いのは放射能じゃない、放射脳なんですね。
by urano-sakura | 2013-09-20 14:27 | 政教分離
←menuへ