ホッキョクグマがどうしたって?

近畿地方で落雷相次ぎ火災、停電…神戸で男性が意識不明

2012/05/29 16:23

 

 近畿地方は29日、上空に入り込んだ寒気と強い日射の影響で大気の状態が不安定となり、近畿北部を中心に雷を伴った強い雨を観測した。落雷で大阪や兵庫、奈良各府県の一部で停電が起きたほか、神戸市で男性が意識不明となるなど各地で被害が出た。

 

 大阪管区気象台によると、同日午後1時現在、近畿各地で大雨や洪水、雷注意報が発令。京都、滋賀、奈良の各府県では竜巻発生のおそれがあるとして注意情報が出されている。

 

 神戸市北区上津台の商業施設「神戸三田プレミアム・アウトレット」の工事現場では29日午前11時25分ごろ、「雷が鳴った後に男性が意識を失って倒れた」と119番があった。建設作業員の男性(43)は意識不明のまま病院に搬送された。

 

 大阪府警箕面署によると、同府箕面市箕面の民家の屋外に設置されている配電盤と周辺の壁の一部が焦げており、落雷で出火したとみられるという。けが人はなかった。

 

 関西電力によると、29日昼ごろ、大阪府箕面市や豊中市など同府北部の約1640世帯、兵庫県内の約2千世帯、奈良県の一部で一時停電が発生。順次復旧しているという。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/565195/

 

東日本で激しい雷雨=大気不安定、竜巻にも注意-気象庁

 上空の強い寒気の影響で、日本列島は29日、東日本を中心に大気が不安定な状態が続き、局地的に激しい雷雨となった。気象庁は同日、30日にかけて竜巻や突風、土砂災害、ひょうなどに注意するよう呼び掛けた。

 同庁によると、日本の上空約5500メートルには氷点下18度以下の強い寒気が流入しており、30日未明に東日本を通過する。西日本から北海道で大気の状態が不安定になり、各地で積乱雲が発達した。

 近畿から東日本では29日、各地で激しい雨が降り、特に茨城県や静岡県では1時間に40~50ミリの激しい雨が観測された。(2012/05/29-19:52)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012052900689

 

大変でしたね~・・・・

 

で、近畿地方、関電と引用記事に出てくるから、また電力不足の事を、と思いましたが、引用記事に出てくる【近畿地方は29日、上空に入り込んだ寒気と強い日射の影響で大気の状態が不安定となり】【日本の上空約5500メートルには氷点下18度以下の強い寒気が流入しており】と言う部分に興味を惹かれましてね・・・

 

まあ日本上空に強い寒気が入り込んだ、と言うのだから入り込んだのでしょう。問題は「何故入り込んだのか?」「何故この時期まで強い寒気が入り込む様な気象なのか?」ということに、誰も明確な事を言っていないということです。それでなくても、いま現在も「地球温暖化」ということで「ストップ温暖化」とマスゴミ各社垂れ流していますが・・・・この寒気の流入も地球温暖化で済ませますか?

 

b0302839_1555268.jpg

 

しかし真面目にこんな事を訴えるバカがいて、大真面目に報じるバカがいるとは・・・・・

by urano-sakura | 2012-05-29 21:25 | 政教分離
←menuへ